スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


騒音 A特性・C特性・FLAT(Z)特性

A特性とは、騒音計の聴感周波数補正特性の一つで、各周波数に対する感度を人間の耳が40ホンで感じるときに合わせた測定値のこと。
音の大きさの感覚に比較的近いことがわかっており、A特性を用いて測定した音圧レベルが騒音レベルを示す。
単位はdB(A)。

C特性とは、指示騒音計で聴感補正をほとんどせず、各周波数の音の強さを等しく合成した測定値のこと。
比較的平坦な周波数特性を持っている。(31.5 Hz ~ 8 kHzは平坦)
単位はdB(C)。

以前は音の大きさにより周波数に対する感覚補正値が変わることから、A特性・B特性・C特性の3種類で対象騒音の大きさによって使い分けていた。(音が大きいとC特性)
現在はB特性は使用していない。

FLAT(Z)特性とは、C特性よりも平坦な周波数特性を持っている。
音圧レベルの測定や騒音計の出力を周波数分析する場合などに利用する。
FLAT特性とは Z特性とは
関連記事


コメント
コメントの投稿
サイト管理者にのみ通知する
トラックバックURL
http://facilities.blog99.fc2.com/tb.php/1802-9a83eb20
プロフィール

あうとろー

Author:あうとろー
管理ページ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2ブログランキング にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ 人気blogランキング ページランク

最近の記事
RSSフィード
最近のトラックバック
最近のコメント
フリーエリア
フィードメーター - 建築設備ブログ
  • seo
FC2ブログ広告

検索
カスタム検索
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。